mont-bellのU.L.サーマラップパンツを買ってみた

モンベルでパンツを買うのは「スペリオダウンパンツ」に続きこれが2つ目になります。
スペリオはスペリオでダウンパンツなので軽くて暖かいんですが、個人的にはやはりダウンの抜けがかなーり気になりました。
まだ新品だからかもしれないけど、下にタイツとか履いて1日過ごしただけでタイツが結構アレになります…。

それもあってこのU.L.サーマラップパンツを新しく買ってみました。
これも中綿入りのパンツで、ダウンではなく化繊タイプになります。
モンベルの中綿入りの長パンツはスペリオ以外にも、ライトアルパインやポーラーダウン、ベンティスカなどまだ他にもラインナップがあるんですが、この化繊物で長パンツとなると実はこれしかないんですよね。

価格は¥9,600 +税で、カラーはトープ(茶色と灰色を混ぜたような色)とブラックの2種類。
今回はとりあえずトープを一着買ってみました。

まず最初にベルト要らずで紐で縛れるのが良いですね。
それでいて全体がすごくラフというか、サッと着れてサッと脱げる感じなので別に外じゃなくても自宅でジャージ代わりにも使えます。
というか使ってます。

またスペリオでもそうでしたが、ポケットは2つあってジッパーがついています。
こういう登山やアウトドア用のズボンでは当たり前なんですかね?
別になくても困りはしないけどあったらあった方が嬉しい。
絶対に落としたくないとか、ここを開け閉めしたらちょっとしたベンチレーションにもなりますよね。

中綿に使われているのはモンベルの化繊素材としてはメジャーなエクセロフトで、しかもストレッチタイプのエクセロフトという事で、確かに生地と一緒に中綿自体も伸縮性があります。
これのお陰か運動性が物凄く良くて、ストレスが全然ありませんね。

ちなみに表面の素材はすごくサラサラしてて、裏面も同じような素材なんですが、タイツなど使わずに地肌でも結構良いです。
履いた時に一瞬ヒヤッと感じますが、ものの数秒で冷たさは感じなくなり暖かさが来ます。
そして極め付けが何となく地肌で履く分にはスペリオダウンパンツよりも、何故かこちらの方が暖かく感じました。

またモンベルパンツには大体あるサムエシステムという名の、足首にはゴム紐ががあって巻けばバタつきを抑える事も出来ます。
バタつき以外にも特に寒い時はこれを使う事により、中の空気をある程度外に逃さない事も出来て断熱になります。
まぁ普段は使わない事も多いですが、あったらあったで便利ですよ。

登山のモンベルなだけに大抵何でも収納袋がついてきますね。
重量は袋合わせこのくらい。
サイズはLサイズを購入しています。
スペリオダウンパンツも同じLサイズを買ってましたが、あっちは約247gくらいでした。
U.L.と付くだけやはりこっちは軽いですね、でも暖かさは正直こっちの方が勝ってるような気もします。

最後にスペリオとの収納した時の大きさ比較。
流石ダウンパンツなだけあるスペリオ、サーマラップより重量はあってもコンプレッションサイズは一回りくらい小さいですね。
これはダウンの良いところの一つでもあります。

で、結論としてはこのサーマラップ、非常にお気に入りのパンツになりました。
今のところモンベルで買った服の中で一番のお気に入りです。
もう家でもずっと履いています。
化繊だからダウンが抜ける問題なども当然なく、洗濯も気兼ねなく当たり前に出来る、その上スペリオと暖かさはそこまで大差ないというか寧ろそれ以上さえ感じる。

あまりにも気に入ってもう一着欲しくなってるんですが、色がこれとあとは黒しかないんですよ。
あまり黒って好きじゃないんだけど、これは買っても良いかな〜とも思い始めています。

今後はこのサーマラップパンツを普段使いからアウトドアまで寒い時は使うようにして、スペリオはタイツとサーマラップだけでは耐えれない寒さの車中泊などのシーンに取り出して更に重ね着すれば良いかなと考えています。
でもU.Lじゃなくてもっと厚めの化繊パンツも出してくれないかな〜。